儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書 儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書ビジネスモデルを十数年にわたって研究するかたわら、企業や行政と組んで、利益を生み出す事業を構築したり、衰退産業を甦らせてきた。
本書は、その実績をもとに、新しい事業を立ち上げたり、既存事業のてこ入れするにあたって、何からどう手をつけてよいかわからないという人に、「9 つの質問」という著者オリジナルの儲ける仕組みをつくる考え方 = フレームワークを使って、テッパンのビジネスモデルのつくり方を体系だてて解説。
back_dot_image
ビジネスモデルのグランドデザイン ビジネスモデルのグランドデザインー顧客価値と利益の共創ー女性に爆発的に支持されたEASYTONE。驚異的なリピーター率と利益率向上を同時に実現したたざわ湖スキー場。
「顧客満足」×「事業の利益」というハイブリッドな価値創造で、新規事業の立ち上げや事業変革に成功した秘訣を解き明かす。

第41回日本公認会計士協会学術賞(MCS賞)受賞

back_dot_image
戦略財務マネジメント 戦略財務マネジメント本書の特徴といえば、財務マネジメントに「戦略」という言葉を冠した点にある。もちろん、「戦略」を付している理由は、戦略的視点からの考察を重視しているからに他ならない。
ここでいう「戦略的」とは、財務論の観点からいえば、株主をとりまく利害関係者の現実にみられる行動、およびそれらが企業の財務意思決定に与える影響を考慮に入れることを意味する。
そして、この点の考察は、当然に財務目的 の考再にもつながる。そこで、いかなる財務目的が適当であるかが問題となるが、本書では、「長期的企業価値の最大化」を想定している。
back_dot_image
財務マネジメント 財務マネジメントリターンとリスクをいかにマネジメントするか。市場をベースとした 財務的意思決定を行うために、企業価値創造経営の立場で、新たな経営財務論を展開。
back_dot_image
ビジネスモデル・シンキング ケースブック
ビジネスモデル・シンキング日本企業は優れた技術や経営資源を持つが、十分なキャッシュフローを生み出していない。企業の経済価値(EVA)が高いのに株価が低 迷している。なぜか? その原因の一つに、ビジネスモデルの老朽化がある。本書では、世界各地のビジネスモデルを探索し、ケースを収録するとともに、ビジネスモデル・シンキングの方法を提示する。
back_dot_image
現代の財務経営 現代の財務経営(7)【目次】(「BOOK」データベースより)
スモールビジネスの現状と財務経営の課題/中小企業の第二創業と財務活動/中小企業財務と銀行融資/中小企業財務と私募債/スモールビジネスのM&A/事業承継とM&A/中小・ベンチャー企業と株式公開/新規株式公開のコストと便益/ベンチャー・ビジネスの価値管理モデル/ベンチャーキャピタル・ファンド/スモール・ビジネスの企業価値創造経営